自毛植毛の特徴

MENU

自毛植毛の特徴を見てみましょう

 

年齢と共に進行していく薄毛。男性女性関係なく薄くなって行くのは嫌な物ですよね。もし現在薄毛やハゲに悩まされているのであれば、「植毛」を試してみるのも一つの手ではないでしょうか。近年、自分の毛を薄毛が気になる所に移植する“自毛移植”というものが主流になっているのをご存知ですか?

 

自毛移植とは?

後頭部や側頭部など比較的薄毛が進行しにくい部分から髪の毛を採取し、M字ハゲなどの薄毛が気になる所に移植する手術です。

 

皮膚を髪の毛ごと薄く切り取って、気になる部分に張り付ける手術方法と、髪の毛だけを特殊な方法で採取して植えつける手術方法の二種類があります。

 

傷が残らずキレイに植毛が出来るという点からほとんどの方が、髪の毛を採取して行う植毛手術を行う方法を選ばれるそうです。

 

自毛植毛の特徴

手術の費用自体は人口毛に比べるとお高めですが、「髪の毛が抜け落ちにくいのでメンテナンスの心配が不要」と「自分の髪の毛を移植するので人口毛と違い成長する」とう特徴があります。

 

また、実際に髪の毛が伸びていくので、周囲から不自然がられることもありません。自毛植毛は自分の毛と変わらずしっかり成長してくれますので、ゼロ距離で見られても不自然さが全くないですよ。

 

カツラや人工植毛は長さが伸びないため、どうしても不自然に思われがちです。特に人口毛は定期的にメンテナンスを行う必要があります、抜けてしまうたびにまたお金をかけて植え直さなければならないため、ショックを受けられることかと思います。

 

長い目で見たらやはり自分の毛を移植して成長させた方がコストパフォマンスも良いと思います。

 

もちろん薄毛の進行具合や、植毛本数、クリニックによっても治療方法は異なるようですので、まずはクリニック探しを行い相談をしてみると良いでしょう。